ホーム > 就職 > 進路指導

『確かな実績。それを支えるのは、充実したサポート体制』

1.キャリア教育の充実を図り、生徒自信が就職先を選択
 1年次から各学年に沿ったキャリア教育を行ない、生徒の職業観を養うことで3年次の進路目標設定をスムーズにできるようにしています。本校には毎年沢山の企業から多くの求人がきています。機械系の仕事から接客の仕事、営業の仕事の中からどの職種が合っているのか、クラス担任・就職指導部が連携を取りながら生徒1人ひとりの指導をしています。また、就職指導部が中心となって関東・中京・関西・九州の企業を訪問し、就職開拓に努めています。企業との信頼関係により、卒業生の実績も加わって継続的で毎年高い内定率を維持しています。
2.基礎学力の向上とともに、試験に対応出来るチカラの養成

 就職試験に対応するチカラは簡単には育成できません。私たちは、まず普段の挨拶や服装面に対して重点的に取り組んでいます。
 また、適性検査や進路講話、継続的な就職・SPI補習や面接指導を定期的に行うことで、入社試験に対応できるチカラだけでなく、社会において通用する人物の養成を目指しています。瓊浦高校は『継続は力なり』を実行します。
3.充実した就職進路指導

 様々な講話や補習、ガイダンスを行い早い段階からの勤労観・職業観の向上を図ります。
1年生:

進路講話
進路ガイダンス
進路適性検査

2年生: 進路講話
就職模試(2学期から定期的に実施)
公務員模試
企業見学(大島造船所・ANA・長崎機工)
インターンシップ(情報科・機械科)
3年生:

進路講話
就職模試(1学期に定期的に実施) 
公務員模試
企業訪問・企業見学(三菱重工業など)
就職・SPI補習(高校総体以降)
模擬面接(随時)・面接指導

4.学校全体で情報共有
 就職指導部から、就職情報紙を各学年に配布し、それぞれの学年に必要な就職に関する情報を定期的に提供しています。
 また、その他にも必要に応じて「面接・筆記試験一覧」、「進路の手引き」「昨年度の求人一覧」などの配付をし、生徒・教員が情報を共有することで、生徒の夢の実現を強力にサポートします。
ページトップへ