ホーム > 学校案内 > 教育方針

1、 3年間を見据えた学力向上の実践

@生徒の個に応じた学力を育成するための教育課程の編成に取り組み、指導計画の改善と、わかる授業の展開に努める。
AICT教材を活かして、学習の習熟度に対応したきめ細やかな指導の徹底を図る。
B学年毎・教科毎に必要な家庭学習時間を設定し、その定着を図る。
C各種検定試験、資格取得等に積極的に挑戦させ、将来に役立つ知識・技術を身につけさせる。
D学習と部活動の両立を基本においた教育活動の定着を図る。

2、道徳的実践力を備えた、品性ある生徒の育成

@部活動や学校行事を通して様々な人間関係を体験させ、他を思いやる心を育み、いじめを許さない環境づくりに努める。
A品性ある容儀・服装・礼儀の徹底を図るとともに、元気でさわやかなあいさつができる生徒を育てる。
Bバス・電車の乗車マナー向上のため、マナーアップ運動の更なる充実を図る。
C美化意識の向上を図り、清掃活動の徹底を図るとともにボランティア活動を促進する。
D情報化社会に対応した倫理意識の高揚を図る。

3、逞しく健やかな体の育成

@生徒が主体的に取り組み、共に喜びと感動を味わうことができるよう行事の充実を図る。
A学校不適応の問題や悩みを抱えた生徒の早期発見と支援に努める。
B安易に学校を休まない雰囲気づくりに努め、年間出席率98%以上を目指す。
C体育の授業を通して、基礎体力の向上を図り、心と体の健康づくりに努める。
D学校行事、生徒会活動等を通してリーダーシップを育み、先輩・後輩の縦の連携を深める。

4、広報活動の充実

@学校説明会のさらなる充実を図るとともに、本校の魅力のPRに全員で取り組む。
Aマス・メディアによる広報の開拓を図るとともに、ホームページの更新をきめ細かに行い、一層の充実を図る。
B学校便り、一斉メール等を活用した保護者への情報提供システムの定着を図る。
C高校入試のシステム改善を図り、生徒募集の強化を図る。
D地域社会、保護者、同窓会等との協力体制を強化する中で、広報活動の更なる充実を図る。

5、学校運営の有機化

@職員の意思疎通を一層密にし、学年・学級経営の工夫・改善に努め、組織力の向上を図る。
A各種委員会等の機能を活かし、組織の強化を図る。
B学年会を毎週開催し、お互いの連携を強化することにより問題解決を図る。
C業務のICT化を促進し、校務の効率化を図るとともに報告・連絡・相談の徹底を図る。
D学校と家庭の連携を深め、PTAの更なる活性化を図る。

6、教職員の資質の向上

@キャリアステージに合わせた計画的な研修を実施し、教職員の資質向上に努める。
A外部講師を招いての校内研修会、校外における研修会等への積極的な参加を促し職員研修の充実を図る。各人年間1回以上の参加を目  標とする。
B先進校の視察等を通して、授業力向上に積極的に取り組む。 C服務規律の徹底を図るとともに、働きやすい職場環境づくりに努める。 D教職員のICT機器操作のスキルの向上を図り、授業での活用を促進する。

7、特別支援教育に関する校内支援体制の確立

@特別支援を要する生徒の実態把握に努め、授業の在り方、生徒指導の方法等についての調査・研究を行う。
A特別支援教育委員会の活動を通して、特別支援教育への理解を深める。

8、開かれた学校づくり

@「魅力ある私立学校づくり支援事業」を受けて、生徒が輝く魅力あふれる学校づくりに努める。
A郷土の歴史や文化について、生徒が主体的に学ぶことができるよう内容の精選と充実を図る。
BJAXAとの連携を通して、我々の住む生活環境を科学的に探求し、理解を深める中で、地域に貢献しようとする態度を養う。
C地域の行事へ積極的に参加するとともに、学校開放講座等を開講することにより、地域との連携を更に深める。

 


ページトップへ