ホーム > 学科紹介 > 機械科

現場で試される技術力。
本校の機械科は昭和43年に造船科として発足しました。その後機械科に変更し、卒業後の進路に幅を持たせています。なお平成25年より龍馬コースを設けています。


機械コース

優良企業に就職したい。国公立大学に進みたい。そうした希望に応えるために、より実践的なカリキュラムを編成しました。少人数クラスで、生徒一人ひとりの実力と個性に合わせた個別指導によって、夢の実現をきめ細かくサポートします。

充実した授業

普通教科+機械専門教科

 実技教科では機械の基礎の製図・旋盤・溶接・ガス・配管を始め最新のCNC旋盤・パソコンを使った情報・CADの実習。課題研究(ロボット―毎年県下の工業高校のロボコンに参加・エンジン・検定・超軽飛行機・製品製作・情報・物作り)等1年間テーマ別にそれぞれの課題を行います。

熟練の指導者による実習

 機械科では必要な普通科目のほか、10科目の機械科専門科目を設けています。特に工作機械、溶接、配管、製図などの実習は完備した施設設備の中で、熟練した指導者による徹底した技術指導を行っています。

時代のニーズに対応した情報教育

 パソコンを用いた情報教育、NC工作機械およびCAD(製図)という現代社会の要請に応える新しい機械分野への教育を行っています。

設備

 確かな技能を身に付けるため、機械科棟には溶接や旋盤といった実習室が設けられ、就職後の職業への適応力を養成します。

資格

こんな資格の取得を目指そう!

ページトップへ