MENU

ホーム > 学校案内 > 校長から

校長から

「新たなる挑戦」 ・・・100周年に向けて第一歩・・・


瓊浦高等学校長 宮 崎 芳 之

 「瓊浦(けいほ)」は「たまのうら」とも読みます。「瓊」とは「赤く輝く美しい宝石」「浦」とは「波静かな海辺」を表す言葉。つまり「たまのうら」とは「まるで宝石のように美しい海辺」、すなわち長崎港のことです。
 また、「瓊」は生命の象徴であり、命の始まりでもある胎児の形、すなわち勾玉(まがたま)を表すとも言われています。
 生命の限りない成長と、そこに秘められた美しいエネルギー。
 瓊浦高等学校は、そんな可能性に満ちた若い個性を磨き、輝かせる学校です。

V=PA         これは瓊浦の合い言葉であり、「未来」への方程式です。

「情熱」に「行動」を掛けると「未来」という答えが導き出される

   Vision  <目標 将来の展望 構想 未来像>
   Passion <情熱 感情 激情 熱情>
   Action  <行動 実行 活動>

 人生は「足し算」ではありません。
 人や、社会や、時代のさまざまな要素が作用する「掛け算」です。
 「瓊浦スピリット」ともいえる「V=PA」とは、
 未来をひらいていく「Vision」を導き出すための方程式。
 だれの心の中にもきっとある「Passion(情熱)」を、
 「Action(行動)」で力づけることで、
 「未来へのVision」が見えてくるはずです。
 皆さんは、無限の可能性を秘めた「原石」。
 これに若い情熱を刻みつけ、仲間と磨きあうことで、
 輝きは、数倍にも、数十倍にもなるはずです。
 原石がダイヤモンドに変わる。可能性の蕾が開き、
 様々な個性が咲き誇る大樹へと育っていく。
 その舞台が、瓊浦高校です。
 創立90周年を超え、「新たなる挑戦 ~100周年に向かって~」をスローガンに、
 今大きく踏み出そうとしています。
 あなたの未来を見つける方程式は、ここにあります。

ページトップへ